[日々の記憶]

伺かアニバーサリー(再)、お疲れ様でした / 2017-04-30 (日)

バナー

伺かアニバーサリー(再)、無事終了しました。
スペースに来て頂いた方、本を買って頂いた方、本当にありがとうございました。手に取って貰えただけで、嬉しかったです。
毎度の事ながら、簡単なイベントのリポートです。

新幹線に揺られる事、1時間強。無事に東京へ到着です。
まだ時間があったので、秋葉原で用事を済ませつつ、いざ浅草橋へ向かいます。浅草橋からは、テクテク歩いて隅田川沿いへ。スカイツリーも良く見えるし、良い景色ですね。景色に見とれているうちに、目的地である「東京卸商センター」を通り越していたようで、慌てて引き返して、10時30頃に会場へ到着。おはようございます!

既に結構な数のサークルさんが到着していて、急いで梱包を解きつつ、サークルスペースの準備を開始。
準備がひと段落着いたところで、見本誌を提出して、引き換えにパンフレットを貰いました。一通り、準備も出来たので、パンフレットを見ながら、イベントまで待機です。今回は11:25から入場開始。まず列を作ってから、頒布開始となりました。人がなだれ込んでくるような事は無かったですが、割と人数は多いかな?という印象ですね。最初こそ慌ただしい様子でしたが、いつものようにまったりとした雰囲気に徐々にシフト。売り子が居ないので、余り席を外すことも出来ず、合間を縫って、以下のものだけを何とかゲットです。

  • なぜなに とらふぃっく(第18戦技研)
  • おかえりなさい(第18戦技研)
    毎回気合の入ったフルカラーの折本。キャラも可愛くて素敵です。
  • ティセのアクリルキーホルダー(第18戦技研)
    妹さんの方です。自分もこんなキーホルダーを作りたくなりますね。
  • 伺かまんが(かわやさん)
    さくら達が出てくるドタバタ漫画。割とこんなのが彼女たちの日常なのかも。
  • All Seasons(スガワ山荘)
    気合の入ったフルカラーイラスト本。最初のページがさくらでちょっと嬉しかったです。
  • 伺奉行日月抄(181号)
    自動車関連の情報技術用語のくだりは、中身が分かるだけに、少しウケてしまいました。
  • unyu!unyu!!unyu!!!(アイハラワークス)
    会場でも実演されていたアナログカードゲームですね。元カードゲーマーとしては外せません。
  • さくらのクリップ(ヒマヒビ)
    御影さくらとうにゅうのクリップ。凄く可愛い出来です。もったいなくて使えません。
  • ペーパー(サイハテ通信社)
    いつも取材お疲れ様です。次回の本、期待してます。

まったりとした時間の流れる中、15:30となり、伺かアニバーサリー(再)は一旦終了。いよいよ、お楽しみのスクワットじゃんけん大会の時間です。(笑)
最初のアンケートで、初回参加の数が予想以上に多い事にビックリ。もはやマテリアが一般的で無い以上、もしかして、さくらとか知らない方もいるのかなぁ。
じゃんけん大会では、何と一発目のマテリアのアイコンの形をしたオブジェが当たってしまいました。しかし、運が良いのか悪いのか、レトロシューティングゲームのフィギュア三箱セットもゲットだぜ!(笑)
ダライアスをワンコインクリアする程度には、シューティングゲームのメカも好きなので、ある意味ウェルカムなのですが、何せ数が半端無い。(汗) 欲しいと申し出のあった方と山分けしてみたものの、手元に残された二箱みっちりのフィギュア軍団。明日の東京観光、どうすればいいんだ…。(結局、浅草のヤマト運輸で宅配頼みました)
割と今回は色紙のラッシュで、ジャンクばかりという事は無かったですね。組み立て前のメモリ基盤とメモリチップのセットやらは出てきましたが、以前のような強烈な出品は息を潜めた感じです。アレはアレで、伺かイベントっぽくて、良かったのですが。(←いいのか?)

次回の伺かオンリーは2018年中盤以降との事。きっと数は刷れないですが、次回は御影さくらのイラスト集を出したいですね。
それでは、スタッフの方々、参加者の方々、本当にお疲れ様でした!


[サークル情報]

伺かアニバーサリー(再) / 2017-04-22 (土)

伺かオンリーイベント「伺かアニバーサリー(再)」が 4月30日(日)に開催されます!
何とか原稿も印刷所に送り終え、無事に新刊が出せそうです。
今回は、以下の新刊を予定しています。

表紙サンプル

表紙

タイトル「ちゃいるど・ぱにっく!」 (デフォルトゴースト小説本 A5サイズ38P 表紙フルカラーオンデマンド)

いつもと変わらず、歴代のデフォルトゴースト三人娘が主役の小説本です。
内容は、表紙から分かるとおり、ちょっとしたハプニングを書いたドタバタ系小説になっています。少ないですが、挿絵も入れました。
頒布価格は300円を予定しています。

既刊もいくつかは持っていくつもりですが、今から見るとキツいものもありますので、良くて2010年以降の物のみになります。
当日は、新刊・既刊取り揃えて、スペースでお待ちしておりますっ!

バナー


[日々の記憶]

伺かアニバーサリー(再) / 2017-02-12 (日)

伺かオンリーイベント「伺かアニバーサリー(再)」が開催されますー。

プライベートでもいろいろあって、割と時間が無いですが、サークル参加することに決めました!(汗)

先日、申し込みに使ったサークルカットです。
実際はグレースケールになりますので、カラー版はここだけでしか見れません。

サークルカット

今回、GW期間が使えないため苦しいですが、がんばりますっ。


[日々の記憶]

北海道への旅 2日目 / 2016-04-28 (木)

太平洋上

2日目の朝は、日の出が見れるかな?という淡い期待を胸に、4:30頃に起きたのですが、そんな期待はあっさりと打ち砕かれ、相変わらずの悪天候。
デッキに出るのはあきらめて、二度寝です。7:00からの朝食を食べ、部屋に戻って、少しだけベットに横になっていたら、そのまま昼まで寝てしまいました。(汗)
まあ、それだけくつろげる部屋という事ですよね…。

レストランで昼食(基本、食事は全部バイキングです)を食べ、部屋でまったりしていると、14:30から仙台方面から来る姉妹船「きそ」と反航するとのアナウンスが。これは見ないと!という訳で、右側のデッキに行ってみると、割とたくさんの人がカメラを持って、待ち構えていました。
ただ、少なからず雨が降っていて、コンディションは最悪。肝心の「きそ」も思ったよりは、遠くを通過するようで、割と小さくしか、撮影出来ませんでした。ううん、残念です。

その後は、昨日と同じく「ポン・パ・ジャン」によるミニコンサートを聴いたりしているうちに、仙台港の上陸時間が迫ってきました。
途中に寄る仙台港では、事前に申請をしておけば、かなりの時間制限はありますが、一時上陸が可能なのです。
仙台港が混んでいた為、上陸時間が少し遅れたものの、無事仙台港へ上陸。
イングレスのソジャーナメダル継続のため、雨風の強い中、仙台港の周りをブラつきます。
調べてみると、「三井アウトレットパーク」が近くにあって、関連するMissionも存在するようなので、そこで歩いて向かう事に。しかし、これが思ったよりも遠くて、往復に1時間以上かかり、すっかりびしょ濡れになってしまいました。
「もう、こんなのはコリゴリデース」と某金剛のような事を呟きつつ、何とか目的のMissionは完了。加えて、仙台港と苫小牧港のポータルにまたがる遠距離Missionを開始して、仙台港側のポータルHackも済ませました。
仙台港を定刻に出発し、一路、最終目的地である苫小牧を目指します。

夕食を食べ、昨日と同じくコンサートを聞いた後、部屋に戻ってみると、だんだん揺れがひどくなってきました。
今夜は悪天候らしく、「揺れるかもです」というアナウンス通り、夜は揺れに揺れました。フワッとした浮遊感があったと思ったら、次は海面に叩き付けるような衝撃があり、この大きな船が上下に跳ねるというのは、なかなかスリリングな体験です。
横揺れもひどく、机の上に置いてあったメガネやiPhoneは全て吹き飛んでいました
これはたまらん、という事で、ベットに潜り込み、本日はここで終了です。


[日々の記憶]

北海道への旅 1日目 / 2016-04-27 (水)

ゴールデンウィークを利用した北海道5泊6日の旅行記です。

いしかり

旅行当日、午前中はごそごぞと準備をしたりしていましたが、16:00のあおなみ線金城埠頭行きに飛び乗り、まずは野跡駅を目指します。
まだ今日は平日ということもあるのか、割と学生さんも乗っていますね。
特に問題なく、野跡駅に到着後、フェリー埠頭へはバスへ乗換えなのですが、まだ30分近く時間があったので、雨の中を歩いて、隣の稲永公園あたりをブラつきます。
公園の先には干潟が広がっていて、野鳥の棲家になっているようでした。晴れていれば、綺麗に干潟が見渡せたのかなぁ…と思いつつも、少しだけ写真を撮って、再び駅へ。
次は市バスに乗り換えて、フェリー埠頭に着くと、すでにフェリーの受付は人で一杯でした。ただ、部屋の空き状況を見ると、仙台までは割りと空きがある様子。
自分は既にネットで乗船名簿の情報は入力済みだったので、クレジットカードだけを出して、受付はサクッと完了です。今回はロイヤルスイートを予約していたので、乗船券に加えて、5回分の食事券をもらいました。

乗船開始までは少し時間があったので、外に出て、イングレスを起動。最後のハックを済ませます。
海に出てしまうと、当然ながらポータルが無いので、ポータルのハックが出来ず、ソジャーナメダルの継続に影響が出るのですが、17:30にハックしておけば、次の日の仙台に16:10に上陸できるので、継続が可能という計算なのです。
2Fの待合室に上ってみると、陸上自衛隊の人が一杯。外を見てみると、自衛隊の車両がたくさん待機しており、東日本震災の支援と書いてありました。なるほど、車両と人員の移動に民間のフェリーを使うという手もあるのですね。

17:30となり、いよいよ乗船開始。船に入ると、乗船券を渡す代わりに、部屋のカードキーを受け取れます。今回はロイヤルスイートという事もあるのか、案内の人が部屋まで案内してくれ、夕食のテーブルも時間を伝えると、テーブル予約してくれました。
部屋に入ってみると、さすがにロイヤルスイート、ベッドルームも別にあり、豪華なホテルのようです。ひとしきり、部屋の中を見て回った後、早速夕食へ向かいます。
夕食はレストラン「サントリーニ」でのバイキング。ロイヤルスイート用にはテーブルが予約してあり、窓際の席に座ることが出来ます。ステーキやデザートなどもあり、割と種類は豊富で満足でした。
夕食の後、船の中を見て回ったりしているうちに、出航になったらしく、気が付いたら、外の景色が動いていました(汗)。出航の様子を撮影したかったので、デッキに出てみたのですが、相も変わらず雨のため、自由に撮る事はほとんど出来ず…。
かろうじて屋根のあるところから、少しだけ撮影を行って、今回はあきらめです。
せっかくなので、展望風呂に入ってみる事に。割と大きなお風呂ですが、夜+悪天候のため、窓からはほとんど景色が見えません。
また、船が割りと揺れているらしく、湯船のお湯が左右に大きく揺れて、体が持っていかれそうでした。とはいえ、体が伸ばせるお風呂はやっぱり良いですね!

20:00からは、ラウンジ「ミコノス」でコンサートを行うという事なので、行ってみました。
「ポン・パ・ジャン」という二人組みのバンドの方の演奏は、軽妙なトークも相まって、とても楽しかったです。
コンサートが終わった後、部屋に戻って、北海道のガイドブックを読んでいたところ、気分が悪くなってきてしまいました。思ったよりも船が揺れているようなので、買っておいた酔い止めを飲んで、今日は寝る事にします…。